マルチコプターとは?

近年マルチコプターが大人の特に男性の間で話題になっています。
マルチコプターのマルチは複数という意味です。
従来からラジコンヘリ自体はずいぶん昔から存在しましたが、最近になって話題になっているのは、複数のローターを搭載したマルチコプターです。
ドローン(雄ミツバチ)の愛称で親しまれています。
従来型よりは、飛行が安定しており事故が少ないので実用部門から趣味部門まで広く普及しています。

ローターの数によって、トライコプター(3枚ローター)、クァッドコプター(4枚ローター)、ヘキサコプター(6枚ローター)、オクトコプター(8枚ローター)などの種類があります。
今普及しているのは、トライコプターとクァッドコプターです。
また、リモートコントロール型と自律飛行型があります。
GPS機能とジャイロセンサーを搭載しており、自動回帰機能と自動軟着陸機能を搭載していいるので、従来型よりも安全性が高いのでさまざまな場面に実用されています。
自律飛行機能を利用して、大手通販会社が宅配ツールとして使用する意向を発表したのは記憶に新しいところです。

宅配ツールとしての実用は未だ実現していませんが、空撮や観測のツールとしてはすでに大活躍しています。
人が入れない被災地の被災の度合いを撮影したり、様々な観測をすることで今まで危険でできなかったことができるようになりました。
形状や飛行する姿が面白いところから、趣味としても広く愛好されています。
写真撮影を趣味としていた人が、空撮の面白さに惹かれたり、もともとラジコンヘリが好きだった人がマルチコプターの面白さに惹かれて空撮をするようになったりすることもあります。
さて、このマルチコプターを自作することなんてできるのでしょうか?

Copyright © 2014 マルチコプターって自作できるの? All Rights Reserved.